伊奈町にも新しい風が吹くか??

最近、近隣では、いくつかの計画がニュースとなっています。


「大宮東口・西口の再開発・大宮駅の改良」「さいたま新都心へのさいたま市役所移転」
「首都高の上尾区間への延伸」「岩槻IC近く16号線沿いへの食肉卸売市場の移転」など、
長らく必要性に迫られながらも進展なかった計画が、施設老朽化の影響もあり、
次々と具体的に決まってきました。
しばらくすると、かなり周辺の風景が変わるのではないかと思います。

 

伊奈町においても、「町役場の新築移転」
上尾市と共同のごみ処理場の建設」が計画されています。
どちらもかなり老朽化していますので早期の実現が期待されます。

 

最近、町内では、「伊奈病院の新築工事」が始まりました。
2023年に国際学院入口(水道庁舎隣り)に移転オープン予定のようです。
地域の基幹病院としてより充実した施設になることが期待されます。

 

また、町唯一の複合商業施設「ウニクス伊奈」 では
新たに飲食棟を増築予定とのことでこちらも工事が始まりました。
どうやら人気ハンバーガーチェーンMだとの噂ですが・・・
学生の多い立地ですからオープンすれば今より混み合うことは
間違いないでしょう!!

 

まだまだ発展途上にある伊奈町ですが新しい風が吹いているのでしょうか?
今後どのように発展していくのか楽しみにみていきたいと思います。